古いPCに入ってるSSDにデフラグを

投稿日: カテゴリー タグ

第一世代の Core i5 PCに接続されたSSD(SATA2接続)にデフラグをかけてみました

SSDにデフラグは意味がある、ないという論争が
以前よりありますが、実際やってみないとわからないので試してみました

今回使用したデフラグツールはDefraggler

無料版(v2.22.995)を使用

デフラグ対象ドライブは

Crucial m4 CT128M4SSD2
  • 容量       : 128GB
  • NANDタイプ    : MLC
  • 規格サイズ    : 2.5インチ
  • インターフェイス : Serial ATA 6Gb/s

2011年からWindows7のシステムドライブとしてSATA2接続で使用

一応、空き容量が常に3割を切らないように使用していたものです

ということで早速デフラグ開始

デフラグ終了後 [空き領域のデフラグ] も実行してみました

気になる速度のベンチマーク結果は

・・・
びっくりするくらい変わらんね・・・

後日このSSDをクイックフォーマットして
空の状態にする機会があったので再度ベンチマーク実行

うーん、変化無し
思ってた以上にTrimコマンドが優秀ですのぉ

ついでなんで

いい感じに断片化されたクッソ古いHDDにもデフラグかけてみた

もともとが驚きの遅さなので、これはこれで効果あったって事かしらね

ちなみにディスク容量70GBしかないのに [空き領域のデフラグ] が
15時間かかっても終わらないので途中でキャンセルしました

まとめ

あくまで持論になってしまいますが
Windows7以降のTrimコマンド有効下では
SSDに対するデフラグは意味をなさないのでは、という結論に至った
SATA3接続、m.2 mvne やらだとどうなるのだろうか?
少なくとも自分はもうSATA2接続SSDでは二度とSSDにデフラグすることはないでしょう

ぬこ八郎

無職になりました(^q^)
もう駄目かもしれんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。