バッファロー DVR-1の赤点滅に挑む

投稿日: カテゴリー タグ

バッファローの古い地デジチューナーを直せないものかと言われた

いやいや、私そういう知識持ってないのですけど・・・
とは言っても無職なのに「時間無いんで」と断る事もできず

まあ今の時代ネットで調べりゃメジャーな
故障なら直せるでしょ、程度の軽い気持ちで引き受けてみた

バッファロー DVR-1

故障症状

死亡された地デジチューナ兼HDDレコーダーです

症状は本体のLEDランプが
赤点滅を繰り返し動作しないといったもの

ネットでも同様の症状の報告が多数あがってました

対策方法

まず、筐体をバラす前に出来ることで効果がありそうな事を試す

  • 本体のリセット(電源ボタン長押し)
  • ACアダプタの交換(たまたま12V3Aのが部屋に転がってた)

残念ながら、上記二通りの方法では依然状況は変わらず・・・

というわけで筐体を開ける

ネットで得た情報では

基板上にQ4と書かれた部分のMOSFETとかいう
トランジスタを交換すると一時的には直るとかなんとか

冒頭でも書きましたが、こういう知識は全くないので
何がなんだかサッパリわかってません

んで、このMOSFETが熱で焦げてるとかって
情報が多い印象を受けたんですが
私が預かったものはまったく焦げてるようには見えず・・・
基板上全て目視した限り、損傷してるような部分も無く・・・

素人には無理なんだよ
もう面倒くさいから窓から捨てちゃおうかなぁー

とか、考えたんですがここまでやったんだから
MOSFETの交換に踏み切ることにしてみました

あ、ちなみにHDDが原因では?という情報もあったんですが
個人的に「それはないだろ」と思いこんでたので
今回はHDD交換作業はスキップしました

ご用意させて頂いたのはネット情報を鵜呑みにして購入したAO6602L

国内ネット通販では買えるところが無い?っぽいので
今回は ebay にて購入しました

視力の悪い私には1番ピンの丸印が小さくてなかなか見えない

そして素人がはんだごてを持って格闘すること小一時間・・・

完成!!

直ったぞーーーーー!!

ホント、復活しました
ネット情報すげええ

本体のプラスチック部分を少し溶かしてしまったのは内緒だ

ついでなので延命処置として
発熱する可能性が高そうなメインチップと
今回交換したMOSFETにヒートシンクを載せてみた

あとファンも本来の場所についてても意味あるの?と勝手な判断で
ヒートシンクの上に載せた
どうせならファンも交換しようぜ、といった感じで
若干ながら静音&風力が高いものに交換
*ファン交換は接続コネクタが違うのでケーブルの加工が必要になります

我ながらアホだな、と思った

補足

ちょっと気になるのが、修理を終えて電源をいれて
メニューで設定初期化するまで2、3度赤点滅が出てました
ただ、その時はモニタと接続していない状態だったので
出力信号が出ていたかどうか不明です
最期まで本当に何がなんだかサッパリです
一応、設定初期化してから数時間経った時点では
赤点滅も出ず正常動作しています

お約束ですが、今回もネット情報だけを頼りに
見よう見まねで素人が修理の真似事をしただけですので、
自分もやってみよう、という方はすべて自己責任の下で行ってくださいね

また赤点滅が発症したら記事更新させて頂きます

2019年3月28日追記

MOSFET交換から約2ヶ月経過しますが
今のところ問題なく動作しているようです

ぬこ八郎

無職になりました(^q^)
もう駄目かもしれんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。