Windows11 クリーンインストールメディアの作成

投稿日: カテゴリー タグ

USBメモリからWindows11をクリーンインストールする為の準備方法

※ 全作業はWindows10 Home 64bitで行っています

準備するもの

USBメモリ

最小で8GB程度、最大で64GB程度の容量が必要となるそうですが
なんとなく今回は32GBのものを準備しました
*データが入っている場合は全て消去されます

Windows11 ダウンロードツール

MediaCreationToolW11.exe  任意の場所へ保存

メディア作成

準備したUSBメモリをPCにセットし、ダウンロードした
MediaCreationToolW11.exeを実行します

お約束

日本語版以外にしない場合はそのまま変更なしで~

別途ISOファイルを保存しておいて、後からオフラインで
メディア作成する事も可能(後述)ですが
今回はこのままUSBメモリに作成していきます

PCにセットしたUSBメモリのドライブを指定して[次へ(N)]

回線速度が遅いとここで時間かかります
シャドウボクシングでもして待ちましょう

そんなわけで完了です
あとはUEFIメニューからUSBメモリのドライブからブートするように
設定してPCを再起動するとWindows11のセットアップが始まります

TIPS ISOファイルからのインストールメディアの作成

準備するもの

USBメモリ

ディスク容量、最小8GB~最大64GB程度
*データが入っている場合は全て消去されます

Windows11 ダウンロードツール

同Webサイトページから直接ISOファイルのダウンロードも出来ますが
今回はMediaCreationToolを使ってダウンロードします

MediaCreationToolW11.exe  任意の場所へ保存

Windows11 ISOファイル

上記でダウンロードしたMediaCreationToolW11.exeを実行

Windows.iso  任意の場所へ保存(ファイル名は変更しても構いません)

ダウンロード終了時にDVDメディアへの書き込みも出来るよう
ですが今回はUSBメモリへの書き込みを行う為ここで[完了]を選択

Universal USB Installer

この手のUSBメモリへのISO焼きソフトではRufusを使って
作成手順を解説しているサイトが多いので当サイトでは
Universal USB Installerを使ってみます

アクセスしたサイトをスクロールしていくとダウンロードボタンがあります

Universal-USB-Installer-2.0.0.8.exe 任意の場所へ保存
※ファイル名の数字はダウンロードする時期(バージョン)によって違います

メディア作成

USBメモリをPCにセットしたら
ダウンロードしたUniversal-USB-Installer-2.0.0.8.exeを実行

利用規約です

Step1のプルダウンメニューから[Windows 10 Installer]を選択

現時点(2021年11月)で恐らくはソフト自体がWindows11に対応しては
いない?ようですが実際に試したところ動作に問題はありませんでした
そのうち正式に対応してくれるものとは思います

Step2の[Browse]を押してダウンロードしておいたISOファイルを選択

Step3のプルダウンメニューからPCにセットしたUSBメモリの
ドライブを選択し[NTFS Format Drive]にチェックをいれます
チェックを入れると[Will NTFS Format]に変化します

そうしたら[Create]ボタンを選択

2回続けて英文で、書き込みするとドライブの中身消えるぞ、作業中は
ドライブ抜くなよ、といった旨の注意文が出てくるので[はい(Y)]を選択

ISOファイルの展開と書き込みが始まります
多少時間がかかるので四股を踏みつつ待ちましょう

完了するとProcess is Complete!と表示がされる
はずなので[Close]を選択して作業終了です

あとはUEFIのメニューからUSBメモリのドライブからブートするように
設定してPCの再起動するとWindows11のセットアップが始まります

ぬこ八郎

無職になりました(^q^)
もう駄目かもしれんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。