ケースファンの分解メンテナンス 2

投稿日: カテゴリー

片付けしてたらむかーし買ったPCケースに
ついてたケースファンが出てきたので分解グリスアップしてみた

CoolerMaster200mmファン

今回バラしたケースファンはCoolerMaster製の
A23030–07CB-3MN-F1 DF2303012SELN ってファン
型名が長過ぎてどこからどこまでが製品名なのかわからん

とりあえず分解

今回のファンの分解方法はオーソドックスなタイプ

本体のシールを剥がして

キャップを外す

とりあえずグリスが邪魔なのでめん棒でふき取ってから樹脂性のCリングを外します

Cリングの取り外しは精密マイナスドライバーが2本あると比較的楽に外せます
別にマイナスドライバーじゃなくてもつまようじでもいけるかと

作業中しょっちゅうこのCリングを落として無くしかけてます、注意されたし

このタイプのCリング売ってないんですよね…
最近のケースファンはスナップリングになってるっぽいんで
おそらくスナップリングで代用出来ると思うので今度試してみようかと

ベアリング部が外れなかったのであきらめた

グリス塗布

各パーツについてるグリスや汚れを
無水エタノールを使いつつふき取ってあげます

今回はほぼ未使用のファンだったので汚れはほぼ無し
グリスのふき取りだけで済んだ

各パーツがキレイをしたら
稼動部にテキトーにグリスを塗ってあげます

グリスは評判のいいものがあったりするようなので興味のある人はググってみては

自分はこだわりはあまりないのでお手ごろ価格のものをチョイス

完成&テスト

順番通りファン本体にパーツを組みこんで完成

異音やグリスの飛び散りがないか回転テスト

無事作業終了

とまあこんな感じでファンをメンテしながら使ってるせいか
全然ファンが壊れないので手持ちのファンが古いものしかありません

最近のファンがどんなもんか一回バラしてみたいなぁ

ぬこ八

無職になりました(^q^)
もう駄目かもしれんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。